金利が違う

学生ローンとその他のキャッシングやカードローンと違うところは、第1に金利となっています。一般的な融資商品に比べると金利が大幅に下げられていますので、長期間にわたってお金を借りていても金利による負担がとても小さいのです。ローンをしてお金を借りてしまうと、この金利がどんどん膨らんでしまうことで、返済に苦しむ方もいます。また、返済に苦しんだ結果、他者からお金を借り入れてしまい、借金地獄になってしまう人もいるでしょう。

しかし学生ローンはこのような部分を考慮していますので、あらかじめ低い金利でお金を貸してくれます。月々に返済する金額も少ない為に金利を含めた少額返済後をすることで、自分の信用を積み重ねながら、さらには生活を助けてもらうことができます。借金地獄に陥ってしまう可能性も少なく、計画的に利用できるのも大きな特徴です。

また、一般的なカードローンは社会人になってから何度でも利用することができますが、学生ローンはあくまでも学生という立場でしか利用することができません。学校を卒業した後、借入残高が残っているようであれば社会人になってから返済のみを続けていくことになります。アルバイト時代に比べ、就職が決まってお給料を稼ぐようになれば金利の少ない返済金額も痛手にはなりません。